ガンプラ Feed

2022年8月21日 (日)

SD BB戦士 パーフェクトガンダム

2002年にリリースされたSD BB戦士のパーフェクトガンダムをレビューします。

本キットは1988年に発売されたキットのリメイク版であり、サイズが2回り

大きくなってボリューミーになりました。

Sdbbs5_177素体のRX78ガンダムは当時のフォーマットによってリメイクされており、

足先の折り畳みギミックと胸部の赤いパーツ下のモールドは恐らく

専用のGファイターの発売を念頭に置いたものかもしれません。

Sdbbs5_185付属のGキャリアーというオリジナルメカにアーマー類一式を装着可能です。

Sdbbs5_183RX78ガンダムにアーマー類一式を装着するとパーフェクトガンダムへ変化します。

Sdbbs5_182バックパックのキャノン砲はスイング可能で、専用シールド裏側に

ビームサーベルグリップと機雷投下ユニットのモールドが

これでもかと施されています。

Sdbbs5_181関節の可動範囲は今のレベルで見ると古さを隠せません。

さらに胸部&腹部アーマーのお陰で腰をひねれません。

Sdbbs5_180オリジナルのフェイスガードでさらにパーフェクトになります。

Sdbbs5_179アーマー類一式を取り去られたGキャリアーに

素の脚部とバックパックを装着する事が可能です。

Sdbbs5_184GキャリアーとGベースはアーマー類一式を装着したまま連結合体が

可能ですが、脚部とフェイスガードが余剰パーツになります。

Sdbbs5_178アーマー類一式を取り去った状態でもGキャリアーとGベースは

連結合体可能ですが、素の脚部が余剰パーツになります。

以上、SD BB戦士 パーフェクトガンダムでしたッ、チャン×2。

2022年8月 7日 (日)

SD BB戦士 スーパーガンダム

2001年にリリースされたSD BB戦士のスーパーガンダムをレビューします。

Sdbbs5_168まずはガンダムMK-Ⅱ(エウーゴ仕様)からいきます。

デザインはMG版1.0からのフィードバックになっていますが、

単品販売されたティターンズ仕様とは違ってシールドと

ビームライフルにハイパーバズーカは付属しません。

Sdbbs5_169バックパック中央の蓋はバックパックに組み込まれた

ポリキャップのお陰でスムースに取り外せます。

あ、そうそう。才蔵ガンダムデルタカイに付属の闇堕ち前の

目のシールから瞳の部分を切り取り、目のシールに貼ろうと

していましたが、片方の切り取りに失敗しました。

Sdbbs5_170GディフェンサーはMG版のデザインを上手くフィードバックしていますね。

しかし、ロングライフルはサイド反対側の肉抜きが気になります。

Sdbbs5_171バーニアはこれでもかと再現されていますが、シールによる色補正はありません。

Sdbbs5_174ガンダムMk-ⅡとGディフェンサーが合体する事で

スーパーガンダム(Mk-Ⅱディフェンサー)が完成します。

ロングライフルはもちろん装備可能ですが、エネルギーパイプは

適当に再現されています。

Sdbbs5_175Gディフェンサー本体がガンダムMk-Ⅱを覆うように合体してる事が分かります。

ただし、ポンツーン前部のハッチは開閉せず、ミサイルベイも

存在ない上に後部のスタビライザーは一体成型になっています。

Sdbbs5_176分離後のコックピットカプセルに尾翼パーツを取り付けるとコアファイターが完成します。

しかし、SD故に下部のカバーは一体成型になっており、開閉しません。

個体差ですが、尾翼の取り付けが固い箇所はヤスリでヤスると

スムースに付け外しができるかもしれません。

Sdbbs5_172さらにポンツーンを前側に移動し、コックピットカプセルと

ロングライフルを再合体する事でGフライヤーへ変形します。

Sdbbs5_173最後はGフライヤーの後姿で締めッ。

以上、SD BB戦士 スーパーガンダムでしたッ、チャン×2。

2022年7月24日 (日)

HGUC リゼル(隊長機)

2010年にリリースされたリゼル(隊長機)のHGUCをレビューします。

Rezelcomander_1リゼル(隊長機)はリゼル(一般機)をベースにフライングバインダー(勝手に命名)と

ロングレンジメガビームランチャーを装備したMSで、隊長仕様の風格はバッチリです。

また、機体各部のセンサーは桃色から緑色に変更されており、この部分はホイルシールで

再現されています。

Rezelcomander_2フライングバインダーのウイングは上下に可動します。

Rezelcomander_3ロングレンジメガビームランチャーを担いでポージングを決める事が不自由なもんです。

Rezelcomander_4ロングレンジメガビームランチャーはキャノン砲に見立てたポジションにする事が可能です。

Rezelcomander_5ビームサーベルはもちろん付属し、一般機のグリーンクリア1本に加え、

隊長機用のピンククリア2本のビーム部分が付属します。

Rezelcomander_6MA形態へ変形する時は画像の変形用パーツを使用します。

Rezelcomander_7MA形態はメタスのMA形態を彷彿とさせており、

メタスの設計思想がここに採り入れられていますね。

ロングレンジメガビームランチャーを取説通りの

ポジションにするとロングレンジメガビームランチャーが

強調されてしまうため、後ろ寄りのポジションにしました。

Rezelcomander_8もちろんMA形態でも別売りのプラモデルアクションベースに対応します。

Rezelcomander_9フライングバインダーのグリップを起こす事で

持ち手が合うHGガンプラを跨らせる事が可能です。

Rezelcomander_10最後はMA形態変形後の余剰パーツで締めッ。

以上、HGUC リゼル(隊長機)でしたッ、チャン×2。

2022年7月10日 (日)

HGBF バーニングガンダム PPクリアVer`

コロコロコミックとちゃお(小学館)主催による子供向けイベントである

次世代ワールドホビーフェア2015冬で限定販売されたバーニングガンダムの

フルカラークリアバージョンであるPPクリアVer`をレビューします。

Bldbaningsp_1フルカラークリアのバーニングガンダムは涼しげでいい感じですね。

腕部と太股部からフレーム部が透けて見える点は何かとメカニカルです。

Bldbaningsp_2銀ラメ入りのクリアパーツはプラフスキー粒子をイメージしているようです。

Bldbaningsp_3各関節はアクションフィギュアのように可動し、特に胸部の

可動は目を見張るものがありますね。さらにハンドパーツの

殆どはスナップできるように可動機構が設けられています。

Bldbaningsp_4HGガンプラで事実上唯一アクションフィギュアのように関節が可動する

バーニングガンダム系統はある意味素晴らしいガンプラです。

Bldbaningsp_5バックパックの上から付属のアダプターパーツを介して

別売りの背中に背負うHGBCを装備可能です。

装備しているHGBCはギャラクシーブースターです。

Bldbaningsp_6クリアパーツの差し替え等により、アシムレイト状態を再現する事が可能です。

Bldbaningsp_7脚部用のエフェクトパーツも付属しており、さらに噴き出る

炎をイメージしたエフェクトパーツを取り付け可能です。

ここからはSDガンダムEXスタンダードのオリジナル武器を装備したものをレビューします。

Bldbaningsp_8ディスティニーガンダムのオリジナル武器Aを装備してみましたが、安定しない持ち方ですね。

Bldbaningsp_9ストライクフリーダムガンダムのオリジナル武器Aを装備してみましたが、一応安定はしますね。

Bldbaningsp_10最後はストライクフリーダムガンダムのバックパックを装備して締めッ。

バックパックにSDガンダムEXスタンダードのほとんどのバックパックを

無改造で装備する事が可能です。


以上、HGBF バーニングガンダム PPクリアVer`でしたッ、チャン×2。

2022年6月19日 (日)

SD BB戦士 フルアーマーガンダム

2003年にリリースされたSD BB戦士のフルアーマーガンダムをレビューします。

Sdbbs5_161素体のRX78ガンダムは先にリリースされたパーフェクトガンダムと

共通ですが、成型色が専用のものなっています。

そのために元のランナーのパーツが不要になります。

足先の折り畳みギミックは後にリリースされたストライクガンダムに

バッチリ受け継がれています。

Sdbbs5_162付属のGベースというオリジナルメカにアーマー類一式を装着可能です。

Sdbbs5_163RX78ガンダムにアーマー類一式を装着するとフルアーマーガンダムへ変化します。

Sdbbs5_164バックパックのキャノン砲はスイング可能です。

しかし、腰後ろのアーマーが存在しません。

Sdbbs5_165関節の可動範囲は今のレベルで見ると古さを隠せません。

Sdbbs5_166オリジナルのフェイスガードで完全フルアーマーになります。

Sdbbs5_167アーマー類一式を取り去られたGベースはこんな感じになります。

上部後ろにRX78ガンダムのバックパックを装着可能です。

以上、SD BB戦士 フルアーマーガンダムでしたッ、チャン×2。

2022年5月 8日 (日)

HG ガンダムエクシア フルカラークリアVer`

『機動戦士ガンダム00』放送開始15周年記念と言う事で、

2008年8月にガンプラEXPO2008で限定販売された

HG ガンダムエクシアのフルカラークリアVer`を

レビューします。

Exiaciear_1「俺がガンダムだ!!!」

Exiaciear_2フルカラークリア仕様にしては涼しげな雰囲気になっており、

本来白い部分は出来るだけ透けない成型色になっています。

Exiaciear_3GNコンデンサーのレンズはグリーンクリアパーツに

なっており、シール補正された部分が透けていません。

Exiaciear_9付属武器はもちろん全て付属しており、全装備はいいですね。

Exiaciear_4GNソードはもちろんソードポジションへ変形可能です。

Exiaciear_5さらにライフルポジションから刀身を前方へ回す事が可能です。

Exiaciear_6もちろん刀身を後ろへ回すとライフルポジションへ変形可能です。

Exiaciear_7GNロングブレイドとGNショートブレイドはもちろん付属しています。

Exiaciear_8GNビームサーベルはもちろん付属していますが、

刀身はクリアカラーで塗装しなければなりません。

以上、 HG IBO ガンダムエクシア フルカラークリアVer`でしたッ、チャン×2。

2022年5月 7日 (土)

1/100 ソードインパルスガンダム

2005年にリリースされたソードインパルスガンダムの1/100スケールキットをレビューします。

私が買った1/100ガンプラは20年前に買ったMG ZガンダムVer`1.0(コーティングバージョン)

以来ですね。(遠い目)

Swoadinparusu_1大河原邦男翁による設定画稿を立体化したフォルムは今見ると

平成なのにレトロな感じが少し出ています。

後にリリースされたMG版と比較するとエラい違いですね。

Swoadinparusu_2ソードシルエットにマウントされているフラッシュエッジブーメランの

大きさは控えめで、主張の強いMG版とはエラい違いですね。

Swoadinparusu_10機動防盾と高エネルギービームライフルはもちろん付属しています。

ただし、機動防盾は開いた時のパーツが付属していないために

開いた状態に組み替える事は不可能です。

また、高エネルギービームライフルはスコープを倒す事が可能です。

関節の可動範囲は今のレベルで見ると当然厳しいです。

Swoadinparusu_7エクスカリバー対艦刀はもちろんグリップ可能ですが、自重で当然ハンド部が負けます。

ビームエフェクトパーツは軟質クリアパーツで再現されています。

Swoadinparusu_8エクスカリバー対艦刀は繋げて薙刀状態にする事が

可能ですが、もちろん自重でハンド部が負けます。

Swoadinparusu_9フラッシュエッジブーメランはソードシルエットから外して手にグリップが可能です。

ビームエフェクトパーツはやはり軟質クリアパーツで再現されています。

サイドアーマーのホルスターは開閉式で、その空洞に畳んだ形の

フォールディングレイザーを収納可能です。

また、フォールディングレイザーは展開した状態が付属しており、

手にグリップが可能です。

ここからはソードインパルスガンダムの分離変形状態を披露します。

Swoadinparusu_3コアスプレンダーは1/100サイズ故にもちろん完全変形しますが、

コックピット部はシールによる色補正はありません。

また、後部スラスターの成型色は赤色で、同シリーズの

フォースインパルスガンダムのものと間違えないように

するための配慮ですね。

Swoadinparusu_5上半身はもちろんチェストフライヤーに変形可能で、肩部の

クリック風の構造で安定したディスプレイが可能です。

Swoadinparusu_6下半身はもちろんレッグフライヤーへ変形可能で、太股と膝の

関節のロック機構によって安定したディスプレイが可能です。

Swoadinparusu_4ソードフライヤーは別売りの同シリーズのフォースインパルスガンダムに

付属しているシルエットフライヤーに合体させる事が可能です。

以上、1/100 ソードインパルスガンダムでしたッ、チャン×2。

2022年4月17日 (日)

HG IBO ガンダムアスモデウス

無期限更新休止と言いながら再び更新してしまった本ブログです······
と言う事で『鉄血のオルフェンズ ウルズハント』の新ガンダム
フレームであるガンダムアスモデウスのHGキットをレビューします。

20220417_1117192ガンダムアスモデウスは厄祭戦で活躍したガンダムフレームの一つで、
厄祭戦後に行方不明となりましたが、侵入が難しいデブリ帯の中で
偶然発見され、しかも完成後の姿を保っていました。
 
20220417_1117432バックパック中央のスラスターは上下にスイング可能です。
デザインをよく見るとガンダムアスタロトに近いですね。
 
20220417_1119492グラントンファーは上下逆に差し替え、先端を伸ばしたものに
差し替えて使用状態にすることが可能です。
 
20220417_1127132専用ライフルはもちろん付属しています。
 
20220417_1130242専用ライフルはリアスカートのラッチを展開してマウント可能です。
 
20220417_1131322メイン武器のギガントジャベリンが付属しており、
グリップ具合は安定していますね。
しかし、体のどこかにマウント不可能な事が残念です。
 
20220417_1134352ギガントジャベリンは前後に分割し、それぞれをリード線で
繋ぐ事によって刀身射出状態を再現可能です。
 
20220417_1123322足の裏に収納されているクローを差し替えで展開し、足首を
変形させる事でアスモデウスクロー(勝手に命名)を再現可能です。
 
20220417_1141092最後は30MMのポルタノヴァとシエルノヴァと身長対比して締めッ。
こうなるとポルタノヴァが小柄である事がよく分かります。

以上、HG IBO ガンダムアスモデウスでしたッ、チャン×2。

2021年12月31日 (金)

HG IBO ガンダムバルバトス フルカラークリアVer`

この記事を以って本ぶろぐは無期限更新休止となります。
てなわけで2015年11月にガンプラEXPO ワールドツアージャパン 2015で
限定販売されたHG IBO ガンダムバルバトスのフルカラークリアVer`を
レビューします。
あ、このキットはマンガ倉庫 鹿児島店で定価1400円が2980円と言う
転売額で販売されており、私は生まれて初めて転売額で売られた
ガンプラを店頭で買ってしまいました。

Barbatosclear_1まずは第4形態からいきます。
フルカラークリア仕様にしてはなかなか涼しげな雰囲気になっており、
白い部分はプレーンクリアではなくて乳白色のクリアパーツに
なっている点はよく考えていますね。 
Barbatosclear_2ガンダムフレーム部分は通常版同様に通常の成形色になっていると
思いきや、光沢感のある質感になっており、違いがよく分かります。
Barbatosclear_3バックパック中央のメインスラスターは上下可動式で、
サブスラスターを展開するアームが付属します。 
Barbatosclear_4もちろん第1形態への換装が可能です。 
Barbatosclear_5メイン武器のバルバトスメイス(勝手に命名)はもちろん付属しています。 
Barbatosclear_6黒剣 鉄血(勝手に命名)ももちろん付属しています。 
Barbatosclear_7バルバトスメイスと黒剣 鉄血は付属のラックパーツを
用いてサブスラスターにマウント可能です。 
Barbatosclear_8オマケとしてMSオプションセット1に付属している滑空砲が
付属しており、これはいいロングサイズですね。 
Barbatosclear_9滑空砲はサブスラスターに取り付けて装備しますが、取り回しは微妙ですね。 
Barbatosclear_10滑空砲は差し替えによって収納形態へ変形可能で、
サブスラスターのいずれかにマウント可能です。 
Barbatosclear_11滑空砲と同じランナー構造の都合上、モビルワーカーが
付属していますが、機関砲がか細いので取扱注意です。

以上、 HG IBO ガンダムバルバトス フルカラークリアVer`でしたッ、チャン×2。

2021年12月19日 (日)

HGBD:R アースリィガンダム ダイブイントゥディメンションクリアVer`

2020年1月にガンダムベース東京&福岡で販売されたHGBD:R アースリィガンダムの
フルカラークリアバージョンであるダイブイントゥディメンションクリアVer`を
レビューします。

Coregunspe_1まずはコアドッキングシステムの要となるコアガンダムからいきます。
フルカラークリアのコアガンダムは夏らしい雰囲気になっていますね。
Coregunspe_7二の腕と太股部からフレーム部分が透けて見えますね。 
Coregunspe_8コアシールドは背部にアダプターを取り付けてのマウントが可能です。 
Coregunspe_9アースリィアーマーは付属のベースモジュールに装着する事で支援メカが完成します。
本バージョンのみに付属しているブルークリアのランナーレススタンドと支柱の
短い台座のどれかを選択してディスプレイが可能です。 
Coregunspe_2コアガンダムにアースリィアーマーを装着する事でアースリィガンダム変化します。
フルカラークリアのアースリィガンダムは夏らしくていいですね。 
Coregunspe_3銀ラメ入りのクリアパーツは電脳世界にログインした状態をイメージしていますね。 
Coregunspe_4アースリィライフル(勝手に命名)はちょこっと曲げた
アースリィシールド(勝手に命名)に接続が可能です。
ブルークリアのランナーレススタンドにディスプレイする事が可能です。 
Coregunspe_530MMのアルトとラビオットで身長を比較すると30MMが小さめである事が分かります。 
Coregunspe_6付属のアダプターを使って別売りのHGBCとSDガンダム
EXスタンダードのバックパックを装備可能です。

以上、HGBD:R アースリィガンダム ダイブイントゥディメンションクリアVer`でしたッ、チャン×2。
フォトアルバム

リンクリスト

Powered by Six Apart