其の他プラモデル Feed

2018年12月11日 (火)

SDクロスシルエット グレートマジンガー

SDクロスシルエットの第2号、グレートマジンガーをレビューします。

Sdcs_14まずはグレートマジンガーのSD形態からいきます。
SDになってもグレートマジンガーの魅力は
バッチリ活きています。
Sdcs_15下腕部とふくらはぎにグレートマジンガーの
トレードマークとなる小羽のような飾りが
あしらわれており、ふくらはぎの方はパーツで
再現されています。
Sdcs_16_2別売りのマジンガーZからエフェクトパーツを拝借すると
アトミックパンチを発射シークエンスを再現可能です。
Sdcs_17プレーンコンドルの脱着はもちろん再現されており、
風防はサファイアクリアパーツを使用しています。
Sdcs_18取説には書かれていませんが、胸部飾りは取り外して
グレートブーメランとしてグリップ可能です。
Sdcs_19スクランブルダッシュも取説には書かれていませんが、
差し替えによって翼部を上下可能です。
Sdcs_20スクランブルダッシュはそのまま背部に装着可能です。
補足ですが、黒と紺の光沢はグロス成型で再現しています。
Sdcs_21先述のパーツを肘とひざに追加して腰を
伸ばす事により、CS形態へ変化します。
太股部は小羽根のような飾りが外側に
向く様に差し替えます。
Sdcs_22CS形態では可動範囲が拡大してそれなりに自由自在な
ポージングが楽しめます。あ、ハンドパーツは平手が
左右一つずつと人差し指を伸ばした右手が付属します。
Sdcs_23CS形態でもスクランブルダッシュは装着可能です。

Sdcs_24マジンガーブレードはもちろん付属しており、
1パーツで程よいサイズになっています。
Sdcs_25付属のアダプターを股間に取り付けることにより、
別売りのプラモデルアクションベースを使っての
飛行ディスプレイを楽しめます。
Sdcs_26目のパーツは差し替えで各形態毎に大きさを選択する事が可能です。
以上、SDクロスシルエット グレートマジンガーでした。 

SDクロスシルエット マジンガーZ

SDガンダムクロスシルエットから派生した
その他アニメロボ限定の新シリーズである
SDクロスシルエットの第1号、マジンガーZを
レビューします。
Sdcs_1まずはマジンガーZのSD形態からいきます。
SDになってもマジンガーZの魅力は
バッチリ活きています。
Sdcs_2背部は昔のスーパーロボット故にもちろんスッキリしています。
尻の穴は別売りのプラモデルアクションベースに対応しています。
Sdcs_3ロケットパンチのエフェクトパーツは半透明成型になっており、
画像のような発射シークエンスを再現しています。
Sdcs_4ホバーパイルダーの脱着はもちろん再現されており、
風防はサファイアクリアパーツを使用しています。
Sdcs_5ジェットスクランダーは差し替えで翼部を上下可能で、
さらに尾翼とセンサーをしっかり再現しています。
Sdcs_6ジェットスクランダーの装着は腰パーツを交換して行います。
補足ですが、黒と紺の光沢はグロス成型で再現しています。
Sdcs_7画像のパーツ4点はCS形態時に使用します。
Sdcs_8先述のパーツを肘とひざに追加して腰を
伸ばす事により、CS形態へ変化します。
Sdcs_9CS形態では可動範囲が拡大してそれなりに自由自在な
ポージングが楽しめます。あ、ハンドパーツは平手が
左右一つずつ付属します。
Sdcs_10CS形態でもジェットスクランダーは装着可能です。
Sdcs_12_2ジェットスクランダーを装着してもポージングが決められますが、
腰の可動が事実上制限されてしまいます。
Sdcs_11付属のアダプターを股間に取り付けることにより、
別売りのプラモデルアクションベースを使っての
飛行ディスプレイを楽しめます。
Sdcs_13目のパーツは差し替えで各形態毎に大きさを選択する事が可能です。
以上、SDクロスシルエット マジンガーZでした。 

2018年10月 7日 (日)

ミニプラ エックスエンペラー

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の
2号ロボ、エックスエンペラーのミニプラをレビューします。
このレビューも微妙に薄味でごめんちゃい。

Xenpra_1エックストレインはルパンエックスとパトレンエックスに
変身する高尾ノエルが所有する鉄道車両型のメカで、
左は蒸気機関車型のエックストレインゴールドで、
右は新幹線型のエックストレインシルバーです。
ミニプラ版は残念ながら変身道具のXチェンジャーには
合体しません、悪しからず。
Xenpra_2左の鉄道車両はエックストレインサンダーで、
右の鉄道車両はエックストレインファイヤーです。
これらは同シリーズのルパンカイザーorパトカイザーに
合体が可能です。
Xenpra_3この各エックストレインはもちろんアタックモードへ変形します。
Xenpra_4設定通り、X字に各エックストレインを合体させることで
2モードのエックスエンペラーが完成します。
Xenpra_5エックスエンペラースラッシュはスマートな上半身と
マッシブな下半身のミスマッチがいい味を出していますね。
各エックストレイン先頭部のジョイントをボールジョイントへ
切り替えることでエックスエンペラー時に幅広いポージングを
楽しむことが可能です。
Xenpra_6側転=エックス変形する事で2モードのエックスエンペラーへ
戦況に応じて変形します。
Xenpra_7エックスエンペラーガンナーは何かとデカい頭部が
いい味を出していますね。
腹部付近に取り付けた直角に曲げたガトリング砲で
前へ転倒しそうですが、バッチリと接地しています。
Xenpra_8グッドストライカーを核に各ダイヤルファイターと
各トリガーマシンに各エックストレインが合体した
形態がグッドクルカイザーVSXで、これは素晴らしい
てんこ盛り合体ですね。
Xenpra_9腕部を構成するエックストレインゴールドと
エックストレインシルバーを補強するかのように
ガトリング砲がこの位置に取り付けられています。
また、ミニプラ版は合体時の補強用に大腿部両側に
補強パーツが取り付けられています。
Xenpra_10関節可動域はここまでしかありません。原因は問題の
補強パーツにあり、作中の大胆気なポージングが
楽しめません・・・・・・
以上、ミニプラ エックスエンペラーでした。

ミニプラ VSビークル合体シリーズ1

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の
ミニプラシリーズ第1弾をレビューします。
レビュー内容が微妙に薄めなのはごめんちゃい。

Vsbikuru_1各ダイヤルファイターは2色の色分けにより、
設定に忠実なカラーリングで完成します。
Vsbikuru_2各ダイヤルファイターはもちろんアタックモードへ変形します。
Vsbikuru_3各トリガーマシンは3色または4色の色分けにより、
設定に忠実なカラーリングで完成します。
Vsbikuru_4各トリガーマシンはもちろんアタックモードへ変形しますが、
トリガーマシン3号は警棒部分が差し替えによる展開になっています。
Vsbikuru_5グッドストライカーはミニプラお約束のAB分割販売形態を
とっており、分かりやすいように前後で分割販売しています。
Vsbikuru_6もちろんダイヤルファイターモードと
トリガーマシンモードへ変形します。
Vsbikuru_10_2イエローダイヤルファイターとトリガーマシン2号、
グッドストライカーBに付属しているアタッチメント
パーツを使うことにより、別売りのハイパーアイテムズの
VSチェンジャーにセットして遊ぶことが可能です。
Vsbikuru_7各ダイヤルファイターとグッドストライカーが合体し、
ルパンカイザーが完成します。
関節可動はもちろん秀逸ですが、脚部の接地性が不安定です。
Vsbikuru_8各トリガーマシンとグッドストライカーが合体し、
パトカイザーが完成します。
関節可動域はルパンカイザーと同一です。
Vsbikuru_9合体後のパトカイザーの顔は小さい上に奥まっているので、
トリガーマシン1号に付属しているパーツを使うことにより、
顔を大きく見せることが可能です。
以上、ミニプラ VSビークル合体シリーズ1でした。

2017年2月21日 (火)

ミニプラ キュウレンオー

今日正式リリースされた『宇宙戦隊キュウレンジャー』の
1号ロボ、キュウレンオーのミニプラ版をレビューします。
私は6種類1まとめのオールインワンパックを買おうと
思い、主な取扱店のイオンへ行こうとしたら売り切れ
だったので、単品版を6種まとめて購入しました。

Kyurenouまずはメインパーツを構成するシシボイジャーからいきます。
シシボイジャーはミニプラのお約束となるAB分割販売形態を
とっており、AとBを組み立てるように組み合わせないと
成立しません。この流れは一応いい判断になってますな。
Kyurenou_2オウシボイジャーとオオカミボイジャーはそれぞれ
口が開閉式で、オウシの方は角がスイング可能です。
あ、ミニキュータマはTOY版とは違い、球体を回すと
エンブレムが浮かび上がる仕掛けはありません。
Kyurenou_3カジキボイジャーとカメレオンボイジャーは小ぶりに
まとまっており、カメレオンの方は上顎が開閉する上に
中のタングアームが伸縮式です。
あ、ミニキュータマの球体はクリアパーツです。
Kyurenou_4これらのキュウボイジャーが合体してキュウレンオーが完成します。
Kyurenou_5キュウレンオーは上画像のキュウボイジャー5機が
合体した形態で、この組み合わせは基本のものです。
脚部担当のオウシとオオカミがガッシリ接地しており、
安定感は当然バッチリです。
Kyurenou_6背部に未使用のジョイントが4つ設けられていますが、
これは5月頃にリリースされる予定となる同シリーズの
リュウテイオーに対応したものです。
Kyurenou_7合体後もミニプラお約束のフルアクション構造は
健在で、カジキとカメレオンの本体を前に伸ばすと
肘関節が露出し、肘曲げがバッチリ可能です。
Kyurenou_8四肢担当メカの合体位置を入れ替えると両腕部が
ぶっといたくましさ全開のパワー重視の組み合わせに
変化しますが、これでもかと接地性は十分です。
Kyurenou_9パッと見、踵部が貧弱気味ですが、この捻りの効いた
デザインのお陰で十分に接地してくれています。
Kyurenou_10この組み合わせでも大胆なポージングが可能です。
但し、オウシとオオカミには内蔵式の肘関節は
設けられていません、悪しからず。

以上、ミニプラ キュウレンオーでした。

2016年9月20日 (火)

ミニプラ ワイルドジュウオウキング クリアバージョン(その3)

その3はお待ちかねのワイルドジュウオウキングをレビューしていきます。

Wljkce_13ジュウオウキングとジュウオウワイルドに加え、
キューブキリンとキュープモグラが合体する事により、
無敵の合体形態が誕生!!
Wljkce_14ワイルドジュウオウキングに合体するとこんな感じになります。
胴から足先が同じ大きさで纏められている点とは対照的に、
異様に大きい肩部が新趣向を覗かせています。
Wljkce_15後ろ姿はやはりシンプルかつスッキリしていますな。
脚部下半分の特異な分割は相変わらずですな。
Wljkce_16しかし、合体後の可動範囲が狭まっており、脚部を
下手に可動させると、必ず転倒します。
さらに腕部は各合体ロボ時の可動範囲が完全に
機能していません。
Wljkce_17もちろん、キングソードをグリップする事が可能です。
Wljkce_18最後はナイフサイズのキングソードをグリップして締めッ。

以上、ミニプラ ワイルドジュウオウキング クリアバージョンでした。

ミニプラ ワイルドジュウオウキング クリアバージョン(その2)

その2は2号ロボのジュウオウワイルドをレビューしていきます。

Wljkce_7まずはジュウオウワイルドに合体するキューブアニマル4種類のキューブモードです。
キューブゴリラはお約束のA・B分割という販売形態をとっています。
また、頭部とバックパックを構成するビッグワイルドキャノンはBの方に付属しています。
あ、キューブエレファントのキューブモードに表記されている数字がDX版とは違い、
途切れ状態で何かと不鮮明です。
Wljkce_8キューブアニマルはもちろんアニマルモードへ変形しますが、
キューブタイガーはフルアクション仕様にこだわったせいで
後半身の変形が差し替え式になっています。
キューブゴリラが肩部に装備している大きいバナナ状の
物体はビッグワイルドキャノンで、上部にはワイルドキャノンを
マウント可能です。
Wljkce_9ゴリラ、タイガー、エレファントの各キューブアニマルが合体した形態が
ジュウオウワイルドで、何かとガッシリした肩幅に加え、足先と頭部の
デザインがワイルド感を醸し出しています。
Wljkce_10背部には頭部と直結したビッグワイルドキャノンが
変形したバックパックを装備しており、その部分も
ワイルドですな。あ、脚部の分割はフルアクション仕様に
こだわったせいで設定と全く異なるものになっています。
Wljkce_11武器のワイルドキャノンは装備可能ですが、体のどこかに
マウントできない点が玉に傷ですな・・・・・・
脚部の可動に関してですが、これは事実上不自由な
可動範囲になっており、従来と同じ脚部可動は不可能っぽいです。
Wljkce_12キューブモグラはもちろんドリルガン(正式名称設定なし)へ
変形し、ジュウオウワイルドに装備可能です。

次は2号合体形態のワイルドジュウオウキングをレビューします。

ミニプラ ワイルドジュウオウキング クリアバージョン(その1)

13日に第1弾のジュウオウキングと第2弾のジュウオウワイルドを
フルカラークリア成形で再リリースしたワイルドジュウオウキングを
3編体制でレビューします。

去年に引き続いてこのバージョンに限って400円に値上がりしています。
あ、私が先に発売されたジュウオウキングとジュウオウワイルドを
スルーした理由はDX版由来のカッコ悪さでした。しかし、それをうまく
払拭したフルアクション仕様と細かい色分けによる緻密なクオリティを
今になって認識する事が出来たので、私はフルカラークリア仕様で
ジュウオウキングとジュウオウワイルドを購入する事になりました。


Wljkceまずはジュウオウキングに合体するキューブアニマル4種類のキューブモードです。
キューブイーグルはお約束のA・B分割という販売形態をとっています。
また、頭部と芯の部分を構成するビッグキングソードはBの方に付属しています。
各キューブの番号は種類によっては鮮明に見えないものがあります。
まぁ、フルアクション仕様にこだわった結果故に無理はないか・・・・・・
Wljkce_2キューブアニマルはもちろんアニマルモードへ変形しますが、
キューブシャークはフルアクション仕様にこだわったせいで
尾びれと噴射口の変形が差し替え式になっています。
キューブライオンは顔の再現度が細かいパーツによる
色分けのおかげで再現度が高いッス・・・・・・
Wljkce_3イーグル、シャーク、ライオンの各キューブアニマルが合体した形態が
ジュウオウキングで、3体のキューブアニマルがキューブモードで
縦列に合体するコンセプトはシンプルかつ何かと斬新ですな。
さらに腹部の鮫顔と膝のライオン顔が何かと新趣向を覗かせています。
Wljkce_4後ろ姿はシンプルかつスッキリしていますな。
あ、キューブライオンのパーツ変形手順はフルアクション仕様に
こだわったせいで差し替え変形になっています。
Wljkce_5武器はキングソードがビッグキングソードに挿入されているナイフ状の
小と、キューブキリンに付属している大の2サイズが用意されています。
Wljkce_6キューブキリンはもちろんキリンバズーカへ変形し、
ジュウオウキングに装備可能です。
あ、キューブキリンのキューブモードは完全に
ぴっちり閉じていないようです・・・・・・

次はジュウオウワイルドをレビューします。

2016年7月 3日 (日)

妖怪ウォッチ カンタンクミタテール 出撃!!妖怪ロボ編(その2)

その2は各ロボ妖怪が合体した形態をレビューします。

Youkairobo_2これらのロボ妖怪が合体する事により、最強(?)の巨人が誕生する・・・・・・・

Youkairobo_3ロボへの合体は各ロボ妖怪を画像の用に組み替える形で行います。
これでもかと奇抜な合体プロセスですな・・・・・・・coldsweats02

Youkairobo_46体のロボ妖怪が合体した姿、その名もヨーカイオー!!!(勝手に命名。)
この合体、これでもかとウマくまとまっていますな・・・・・・・coldsweats02
Youkairobo_5後ろ姿は何かとスッキリしていますな・・・・・・・
上方向に開けたロボガッパの皿がうまくロボニャンF型の
胸部を隠しています。 これはアイディア賞ものですね。

あとはチョコボー型の剣をグリップしてポージングを決めた画像で締めッ。Youkairobo_6
Youkairobo_7

以上、妖怪ウォッチ カンタンクミタテール 出撃!!妖怪ロボ編でした。

妖怪ウォッチ カンタンクミタテール 出撃!!妖怪ロボ編(その1)

6月にリリースされた『妖怪ウォッチ』関連組み立てモデルの第二弾
(便宜上、2015年にリリースされたプレイセットのスタイルをとった
ゴーケツ合体 超ロボニャンからカウント)となる出撃!ロボ妖怪編を
レビューします。 あ、私はあまり『妖怪ウォッチ』に眼中ナシですので。

Youkairoboロボニャンの進化Ver'、ロボニャンF型。
Youkairobo_8ノガッパ型のロボ、ロボガッパ。
Youkairobo_9コマさん型のロボ、ロボコマ。
Youkairobo_10りゅーくん型のロボ、ロボりゅーくん。
Youkairobo_11ひも爺型のロボ、ロボG。
Youkairobo_12じんめん犬型のロボ、ロボメン犬。
Youkairobo_13_2ツチノコ型のロボ、ロボノコ。
補足になりますが、ロボノコはロボガッパに付属し、
チョコボー型の剣はロボりゅーくんに付属しています。

これらの妖怪が合体した姿はその2で紹介します。
フォトアルバム

リンクリスト

Powered by Six Apart