アニメ・萬画 Feed

2012年9月23日 (日)

『ガンダムAGE』、やっと終了・・・・・・・・・・・

去年の10月から1年間に渡ってガンダムファンに
視聴する事を強いてきた『機動戦士ガンダムAGE』が
今日、やっと終了しました・・・・・・・・・・・・・・・

視聴率はともかく、本シリーズに関連したトイ(フィギュア)とプラモに
よるゲームシステムである『ゲイジングリンクプロジェクト』は結局、
事実上の不発に終わった上に、本シリーズのHGプラモも最初から
不発状態となり、展開から半年でその時に発売されたキットから
入荷数が前半以上の入荷数に絞られる状況になってしまいました。

今日、OAされた最終回はストーリーが駆け足状態で進行しており、
そのせいでナナフシ型のMSであるヴェイガンギアがこの回限りの
登場で終わり、登場から6分ぐらいで生き残ったシドと合体して
しまいました。そして、オチは天使の落日から100年後の時代を
描いており、じいさんになったアセムとおっさんになったキオ
(ただし、両方とも顔の下から肩までの登場)がすでに逝去した
フリットを模した銅像を眺めるシーンでストーリーは締めくくりと
なりました。

しかし、最終決戦から後のストーリーを描いた劇場映画版の
製作&公開はあるんでしょうか???coldsweats01
出来れば劇場映画版『機動戦士ガンダム00』でやって退けた
"異星人との対話"ネタを惜しみなく使ってほしい・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年9月 5日 (水)

『ガンダムAGE』第4部の新MSが珍奇すぎる件について

老いらはまだ未見ですが、第46話に登場した新MSの
グルドリンはあまりにも珍奇すぎますな・・・・・・・・・・・coldsweats02

コックピットなんかがある球形の物体からガフランあたりを
連想させる形状の腕部が生えたデザインはボールに
匹敵するほどの珍奇ぶりですな。しかし、未完成状態なのに
攻撃力が高いとはな・・・・・・・・・・・・・coldsweats02

こんなMSを生んだヴェイガンは素晴らしいぜ・・・・・・・・・・・・
(そうなんか??)

2012年6月23日 (土)

『マギ』、アニメ化決定!!!

週刊サンデーで大好評連載中の長編ファンタジー漫画、
『マギ』が待望のテレビアニメ化を果たしました!!

気になる開始時期は10月で、放送局はMBS・TBS系列です。
つまり、アニメ版『マギ』は日5の新作として放送されるって
コトですな。おまけに小学館創立90周年プロジェクトの
1つに位置づけられているようだし。

あとはキャスト陣とOP・ED主題歌の情報を待つだけか。

2012年6月 6日 (水)

+チック姉さん ♯3+♯4


YouTube: プラスチック姉さん3


YouTube: プラスチック姉さん4

以上の動画はWebアニメ版『プラスチック姉さん』の♯3+♯4です。

♯3はマキマキが一人キスをする物語がメインで、マキマキ役の
井上麻里奈嬢によるおもろい演技力に思わず老いらは
ニヤニヤモードになっちまいました。
♯4は美しさの人が登場するエピソードになっており、美しさの人役の
斉藤千和によるスゴイ演技力に老いらはマジで脱帽したわ。
ちなみに彼女がこの手の少女キャラを演じるのは初めてのようです。

あと、このアニメは第5話まで作られており、これらを収録した
DVDとブルーレイディスクは8月22日発売です。初回分には
何と、ヒロインである源間色枝ちゃんのねんどろいどがオマケとして
付属しています。

2012年5月29日 (火)

+チック姉さん ♯1+♯2


YouTube: プラスチック姉さん1


YouTube: プラスチック姉さん2

以上の動画はヤングガンガンで連載中の
『プラスチック姉さん』のWebアニメ版です。

チビでバカの美少女である源間色枝ちゃんを主役に、
見た目は清楚なのに怒ると怖い美少女であるオカッパと、
赤毛のボーイッシュ(?)な美少女であるマキマキの3人が
おりなすハイスクールギャグです。

原作の絵柄はやや泥臭めですが、それでいて面白いのが
不思議でなりませんよ、ホントに。逆にアニメ版は垢抜けた
印象にアレンジされており、それでいてみんな結構かわいいッス。
特に美しさの人(本名、石原さとみ)は端正にアレンジされていてイイ!!

残る2話(5話を除く)は来月中に紹介する予定です。

2012年4月25日 (水)

『やらおん!』は犯罪者予備軍

アニメ・特撮専門のアフィリエイトブログである『やらおん!』は
信頼性の高さで常に多くの閲覧者数をマークしています。

しかし、ほとんどの記事ははちま起稿や俺的ゲーム速報同様、
雑誌を含む外部からの無断転載になっており、これは常識的に
考えればアウトですな。おまけにアニプレックスというソニー系の
アニメ製作会社に頼まれてステルスマーケティングをしてるしな。
そのためか、アニプレックスによる作品は全て大絶賛し、逆に
アニプレックス以外のアニメ製作会社(東映アニメーションははもち、
JC STAFFやシャフトとかな)が手がけたアニメ作品は全て徹底的に
叩きまくります。これはソニー狂信者が持っている病気の一種なんでしょうね。

このブログの管理者である伊藤ケイスケはかつて角川書店による
ライトノベル大賞のスニーカー大賞に応募しましたが、結果は落選。
それ以来、彼は角川書店とライトノベル全てが嫌いになったようです。
また、『やらおん!』がアニメ専門ブログであるのに関わらず、彼は
基本的にアニメは視聴していません。

あと、彼にかかっていたとされるシャフト社員疑惑ですが、本人は
それを強く否定したようです。

アニメ・特撮の最新情報を知りたい人は『やらおん!』でチェックするより、
公益性の高い情報サイトでチェックした方が賢明ですよ~~~~~。

2012年4月19日 (木)

『ガンダムAGE』第3部の敵MSがヤバい件について

今月29日にスタートする『機動戦士ガンダムAGE』第3部(キオ編)に登場する
ヴェイガンのMSなんですが、この中で異彩を放っているのが"ダナジン"という
MSで、これはもうMSじゃありませんな。見た目以前にwwwwwwwwwwwwwwww

これはもう、ドラゴンですな。こんな体形でビームサーベルを使う"ダナジン"の姿を
イメージするとマジで笑えるわwwwwwwwwwwwwwwww

しかし、このMSが量産型と決まったわけじゃありませんし、今後の続報で詳細が
分かるみたいです。

あと、逆にギラーガという銀髪の敵エースパイロット、ゼハート・ガレットが乗る
特殊MSはさほど異彩は放っていませんな。見た目はゼイドラの改良型と
思われがちですが、ギラーガはあくまで新規開発のMSなんですからァ~~~~~。

2012年4月 2日 (月)

CUTEGは日本人じゃありませんでした

ファミ通文庫の人気タイトルの一つである
『ココロコネクト』のコミカライズを担当している
CUTEG(なぜか"カム"と読む)が韓国人だったことを
昨日、知ってしまいました……………crying

彼女の名を知って以来、3月いっぱいまでずっと
日本人だと信じていたのに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・weep

でも、彼女は生まれ故郷での人気が比較的高く、韓国の
首都、ソウルで開催されているコミックワールドなどの
同人誌即売会に積極的に参加しているようです。

2012年3月16日 (金)

『ガンダムUC』のオードリー嬢とミネバが同一人物だった件

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』のヒロインである
オードリー・バーン嬢が『機動戦士Zガンダム』と
『機動戦士ガンダムZZ』に登場したミネバ・ラオ・ザビと
同一人物だったことを最近になって知りました。

いままでオードリー嬢はミネバとは別人だと信じて
たのに・・・・・・・ ってそのこと、老いらは全然
知らなかったんだもの。

2012年3月12日 (月)

『宇宙兄弟』がまさかのTVアニメ化!!

コミック モーニングの看板連載作品である
『宇宙兄弟』がまさかのTVアニメ化を
果たしました・・・・・・・・・・・・・
おまけに今月いっぱいをもって終了となる
『べるぜバブ』の後番組だしな。

キャスティングなんですが、南波六太役は
平田広明で、その弟の南波日々人役は
イケメン声優のKENNという、何となく意外な
人選ですな・・・・・・・・・・・・・・・・・coldsweats01

果たして、このアニメがどういう人気を出せるかが
見ものですな。

フォトアルバム

リンクリスト

Powered by Six Apart